ほくろができる原因を詳しく紹介!改善方法も調べてみよう

女性

ほくろについて知ろう

カウンセリング

日々のケアで改善できるかも

ほくろは医療用語で色素性母斑、または母斑細胞母斑と言われています。シミを作る元のメラノサイトはご存じの方が多いでしょう。ほくろはこのメラノサイトが変化した母斑細胞のかたまりです。メラノサイトと同様、母斑細胞もメラニン色素を作り出すので黒く見えるのです。ほくろは良性であれば特に健康に害はありません。ただ、顔など目立つ部分にあって気になる方もいらっしゃるでしょう。その場合は美容外科クリニックなどで除去手術をすることができます。ただ、その場合は美容目的ということで健康保険は使えないことは承知しておきましょう。悪性の場合は注意が必要です。メラノサイトが悪性化して腫瘍になったものをメラノーマと言います。普通のほくろと様相が違うケースが多いようで、放っておくと進行して大変なことになる可能性があるので、気になる方は医療機関を受診しましょう。悪性ではない普通のほくろはとくにあっても問題ありませんが、顔などにはない方がいいでしょう。あるものを減らすのは医療機関ですが、今あるものを悪化させない・増やさないことは日常のケアである程度可能です。ほくろを美容外科クリニックで除去する方法として多く用いられるのが、レーザーを使用した治療です。レーザーをほくろに当てて色素を破壊する方法と、ほくろそのものをレーザーで取り除く方法があります。ほくろの大きさや盛り上がり具合によって、適切な治療法は変わります。小さく顔中に点在しているようなほくろの場合、レーザーで色素を破壊していくような方法がよいでしょう。レーザーを当てた後は、皮膚が弱い状態なので専用のテープやガーゼで保護していくのが一般的です。特に紫外線には弱い状態になるため、日焼けは避けるようにしましょう。専用テープは目立たないような色できているので、テープの上から日焼け止めやメイクをすることも可能です。盛り上がった大きめのほくろの場合、色素を破壊しただけではほくろが目立つ状態のままということも少なくありません。ほくろそのものをレーザーで削り取ったり、電気メスで切り取ったりする方法が適切です。