ほくろができる原因を詳しく紹介!改善方法も調べてみよう

女性

ほくろには種類があります

顔を触る人

種類があるので変化に注意することが大切

ほくろはチャームポイントになることもありますが、気づくとほくろが出来ているのは避けたいものです。生まれた時からほくろがあるのは理解できても、突然できたり増えたりしていると不思議に思います。ほくろは黒色班で体や顔などに現れ、メラニンやメラノサイトが皮膚の一部分に集中することが原因として挙げられます。種類もいくつかあり、メラノサイトが重なった色素性母斑や皮膚の表皮にメラニンが集中した単純黒子、加齢により増える老人性色素班などがあります。気が付くとほくろが増えているということもありますが、考えられる原因は紫外線や皮膚への刺激などです。紫外線はほくろができる主な原因で、紫外線を浴びると肌のメラノサイトが活発になることでメラニンが作られるでしょう。皮膚への刺激は他にもあり、きつい下着などで擦れたり圧迫したりが考えられます。それからメイクなどでも引き起こされることもあります。紫外線を始めとする外的な刺激以外にも、寝不足やストレス、食生活の偏りなどでメラニンの排出が正常にできない場合もあります。顔や体にほくろが多いとコンプレックスを感じやすくなる為、早めに除去しておいた方が良いでしょう。除去方法は幾つかありますが、ほくろの大きさによっても金額が異なるので注意します。ほくろの除去は美容外科や皮膚科で行うのが一般的であり、中でもレーザー治療が人気です。今までのほくろ除去ではメスを使う傾向にありましたが、最近ではレーザーが用いられています。皮膚を切開することもなく、ほくろにレーザーを照射するだけで良いので肌への負担も減らせるでしょう。ほくろを除去した後は、再生テープを貼って傷痕の再生を待ちます。レーザーを照射した後は非常にデリケートな状態となっているので、色素沈着や赤みなどを避ける為にもしっかりとケアしましょう。治療に関する疑問がある場合、事前に口コミに目を通しておくのも良いでしょう。ホームページ内はもちろん、口コミサイトなどもあるので検索しておきます。多くの人から好評の美容外科なら安心して利用することが出来るでしょう。