ほくろができる原因を詳しく紹介!改善方法も調べてみよう

ほくろを消したいなら、クリニックへ。

ほくろはクリニックで除去

顔を触る人

ほくろは一つあるだけでも印象が大きく変わるが自宅で除去することはほぼ不可能です。ところがクリニックを利用すれば比較的簡単に除去可能で、さらには複数の治療方法から選べるので人気です。

ほくろについて知ろう

カウンセリング

ほくろを綺麗に取り除くには、美容外科クリニックに行くとよいでしょう。ほくろの大きさによっては、レーザーではなくメスで切り取る方法が有効な場合もあります。また、ほくろを取った後の肌はデリケートなため、紫外線に気をつけるようにしましょう。

ほくろ治療をはじめる前に

医師

ほくろは皮膚科クリニックなどで治療を受けて、除去することができます。しかしほくろの状況によって治療方法や費用が違ってくるので、それらを受診前に確認しておきましょう。

ほくろには種類があります

顔を触る人

ほくろには種類があり、気が付くとできていることもあります。コンプレックスに繋がる前に、美容外科や皮膚科で除去しましょう。中でも人気の治療法は、レーザー治療です。

ほくろを綺麗になくそう

ナース

ほくろはしみにも似ていますが、できる過程は異なるものです。紫外線や刺激などで大きくなることもあったり、良性のタイプもありますが、悪性のものもあり見極めも難しいので不安がある場合は早めに美容皮膚科を受診します。

意外と知らないほくろ

看護師

ほくろは防ぐことができる

いつの間にかできているほくろ、別に気にならない方もいれば、顔にあってどうにかしたいとお悩みの方もいらっしゃるでしょう。もともとほくろが多い方もいらっしゃるでしょうが、昔はそうでもなかったのにいつの間にか増えていたという方も多いのではないでしょうか。ほくろの原因はメラニン色素です。何らかの原因でメラニン色素が局所的に大量発生してそのまま色素沈着してしまったのです。体質によるところが多いと言われていますが、過度な刺激によって色素沈着すると言われているので、皮膚を過度にこすったり、無防備に紫外線を浴び続けたりなどの外的要因もほくろを助長するようです。また、外的要因だけでなく、ホルモンバランスの乱れやストレス、生活習慣の乱れなどもメラニン色素を大量発生させる原因になると言います。正しい肌ケアをしつつ、健康的な生活習慣をすることで、ほくろをある程度は防ぐことができるのです。しかしできてしまったものはセルフケアでは治りません。これをどうにかしたいとなると、皮膚科で除去をしてもらうことになります。良性のほくろ除去は基本的に保険が使えません。そのため全額自己負担での治療となります。一方悪性であった場合は健康保険が使えるので、安い費用で除去できます。というよりも、悪性の場合は放っておくと大変なことになるので、自分の症状が悪性かもしれないと思ったら、皮膚科を受診してきちんと検査を受けるべきです。ほくろを取るのに、市販のいぼをとる商品を使うと便利という口コミがあります。この方法、うまくいけばリーズナブルに除去できるのでいいですが、失敗したら除去どころか肌に傷跡を残す結果となる可能性もある怖い方法なのです。除去したいなら皮膚科や美容皮膚科に行くべきです。気になるけどそこまではしたくないというなら、メイクで隠すという方法もあります。いぼのように盛り上がっているものには難しいですが、一般的な平らなほくろであればその部分に濃いめにコンシーラーをのせればなんとか隠すことはできます。舞台メイク用の化粧品などカバー力がかなり強いものを部分使いすると意外と簡単に隠せます。